ロゴ - GLASIAOUS

イベント情報

【終了しました】【バンコク開催】※好評につき増員!「タイで"儲かる企業"になるためには?~成長企業と失敗企業に学ぶ解決策~」

2019.11.15

GLASIAOUS Next in Thailand 11月にバンコクで開催!

2019年3月に開催され、300名を超える方に来場いただいたGLASIAOUS Next 2019のタイ版を、バンコクにて、現地の駐在員の方向けに開催致します。

駐在員の皆様の中には、
 ●日本本社からの期待はあるものの、なかなか業績が上がらない
 ●格段に業務量が多く、日本にいた頃より業務分野も多岐に渡るため負担が大きい
 ●ローカルスタッフとのコミュニケーションに課題を抱え、仕事を回しにくくなっている
など、お悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

当セミナーでは、在タイの長い経営者と、多数の日系企業をサポートしてきた専門家集団が、成長している企業・失敗した企業の事例を交えながら、皆様の抱える経営課題への解決策を提示します。

セミナー概要

セミナー題名

 GLASIAOUS Next in Thailand
「タイで"儲かる企業"になるためには?~成長企業と失敗企業に学ぶ解決策~」

開催日程

 2019年11月15日(金)
 13:30〜17:00(13:00 開場・受付開始)

会場

 プルマンバンコクグランデスクンビット ジュニアボールルーム2
(30 Sukhumvit 21 Asoke Road, 10110 BANGKOK, THAILAND)
 BTS Asok駅 徒歩5分
 アクセス:https://www.pullmanbangkokgrandesukhumvit.com/ja/

対象

 タイ現地法人のManaging Directorの方、及び日本人駐在員の方

定員

 100名 ※増員致しました

参加費

 無料・事前登録制

主催

 ビジネスエンジニアリング株式会社

協力

 GLASIAOUSコンソーシアム

プログラム詳細

13:30~13:35

 開会挨拶 ビジネスエンジニアリング株式会社

13:35~14:35
基調講演

基調講演「タイで“儲かる企業”になるための戦略と組織運営」

バンコク週報SEOの臼井氏をお迎えし、在タイ歴30年近くの経営者の立場として、またメディアとして様々な日系企業に接してきた経験をもとに、
・長く企業を成長させるために行ってきた戦略
・タイ人と働くということ
・タイ側から見た日本人
・従業員定着率の高い企業が行っている具体的方策実例

などについてお話いただきます。

臼井 秀利 氏 バンコク週報グループ CEO
1990年、バンコク週報インターナショナル社(1976年創刊)入社。2012年1月に前代表のカーンズ氏(米国人)よりMBOで事業買取りを実施、創刊者である山本みどり氏より数えて三代目の代表となる。
新聞社を母体とし、自身もタイでの経験を活かしたタイ進出支援コンサルティングを開始。特にBOI認可後の運用を専門とする。

14:35~14:50

 休憩

14:50~16:00
パネルディス
カッション

パネルディスカッション
「タイ駐在の専門家が語る!日系企業の経営課題と解決方法」

今まで多数の日系企業をサポートしてきた、税務・会計・人材・ITの専門家たちが、参加者の皆様のお悩みへ共感しつつ、解決策を提示します。
 ※申込時に参加者様よりいただいた課題・質問について、ディスカッションの中で回答致します。

 <主なトピック(予定)>
 ・専門家から見た、成長する企業/うまくいかない企業の共通点
 ・ローカル人材の上手な活用方法
 ・不正事例と有効な防止策
 ・多忙な駐在員をラクにする、経営管理の効率化の施策 

パネリスト:
井口 将来 氏 辻・本郷税理士法人 タイ事務所駐在
Senior Manager

岐阜県出身。東京都立大学経済学部卒業。2011年6月、辻・本郷税理士法人入社。2017年9月よりタイ法人であるHongo Toyo Accounting Co., Ltd. に出向。製造業、卸売業、サービス業、小売業、不動産業等日系タイ法人の会計税務サポートに従事。

 

小田 英毅 氏 CaN International Group パートナー
タイ現地法人取締役 公認会計士
2010年有限責任監査法人トーマツに入所。大手金融機関の会計監査に従事し、融資先企業のレーティングや貸付債権の評価に係る検討を行う。2014年CaN International Advisoryに入社。海外進出時の現地マーケットや規制面のフィージビリティスタディ、現地企業との提携・出資に係るデューデリジェンスや交渉支援業務を担当。
2015年タイ国にて日系企業のタイ進出に係る各種コンサルティング、および現地日系企業に対する各種支援業務を行う。

鉤(まがり) 伸秀 氏 Pasona HR Consulting Recruitment (Thailand) Co., Ltd.  Managing Director
2004年パソナに新卒で入社。日系、外資大手製造業の専属営業として、HRコンサルティング、BPO、人材派遣事業に従事。2014年6月、マレーシア法人立ち上げのため渡馬。2018年4月に現地ローカル会社を買収し、総合人材サービス業の土台を作る。同年7月からタイ法人の責任者を兼務。
人材紹介事業、再就職支援事業、研修事業など、様々な角度から“人”に関わる課題解決を提案する“HRトータルソリューションサービス”の提供を目指している。

渡邉 祐一 ビジネスエンジニアリング株式会社 タイ法人
Deputy Managing Director
2000年ビジネスエンジニアリングに入社し、主に製造業に対して、ERPシステムの企画から導入までの業務に従事。2011年よりタイ拠点に赴任しmcframeビジネスの組織を立ち上げ。2016年よりIoT製品の取り扱いも開始。プロジェクトマネジャーとしてタイ国内で複数のシステム構築を経験。2018年より現職。

 

モデレータ:松本 かほり
ビジネスエンジニアリング株式会社 公認会計士
2008年監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所。2014年東洋ビジネスエンジニアリングに入社、経理部にてプロジェクト収支管理や海外子会社管理を行う。2018年よりGLASIAOUS推進に従事。

16:00~16:30
対談

対談
 「タイ現地法人vs日本本社!!~ITによる効率化/本社のうまい巻き込み方」

「O(おまえが)K(ここへ来て)Y(やってみろ)」という言葉が新聞紙面で紹介されて早6年、未だに日本本社と現地法人の関係は改善されたとは言い難い状況です。
現地と本社、それぞれの置かれている状況を理解し、タイ現地から本社要員をうまく”巻き込んでいくこと”が、円滑な現地法人経営を行う中で重要です。
本セッションでは現地法人を支援するタイ駐在の山本氏と、日本本社支援を行う春山がそれぞれの立場で対談を行います。

山本 貴文 氏 
BBS(Thailand)Co., Ltd.  Manager 公認会計士
1989年生まれ、広島県廿日市市出身。
広島学院中学高等学校から一橋大学経済学部へ進学、在学中に公認会計士試験に合格。2012年にKPMGあずさ監査法人に入所し、幅広い業界の監査業務を経験する。
モットーは母校広島学院中高等学校の理念である「Men for others」。

春山 雄一郎 
ビジネスエンジニアリング株式会社  米国公認会計士
2008年ビジネスエンジニアリング(株)に入社、15の国と地域でmcframeGA(旧A.S.I.A.)導入案件を主導。2018年よりGLASIAOUS推進を担当。

16:30~17:00

個別質問会・名刺交換会

【お問い合わせ】

 ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)
 プロダクト事業本部 GLASIAOUSイベント担当
 Email: gl-info@b-en-g.co.jp TEL:03-3510-1616

関連タグ

PAGE TOP