MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
CASES

導入事例

Home > 導入事例 > 【導入事例】4カ国の拠点の会計情報を 1つのシステムで見える化 /グローバルイノベーションコンサルティング㈱
専門・技術サービス
【導入事例】4カ国の拠点の会計情報を 1つのシステムで見える化 /グローバルイノベーションコンサルティング㈱
グローバルイノベーションコンサルティング株式会社

2011年4月に、海外進出する日系企業と海外パートナーの支援を目的に設立されたグローバルイノベーションコンサルティングでは、4カ国の拠点が独自に導入していた会計システムを一元化することを決定。東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)のクラウド型国際会計アウトソーシングサービス「GLASIAOUS」を選定することで、会計情報の見える化を実現すると同時に、顧客に提供する会計アウトソーシングサービスの基盤を構築することができた。

導入前の課題
  • 4カ国の拠点で個別に会計処理を行っているため全社的な会計情報が把握しづらかった
  • ミャンマーの拠点では会計に通じたスタッフが少なく教育が必要だった
  • 本社で一元管理できる会計システムを、商材として顧客に提供したい
GLASIAOUSの効果
  • 会計情報の一元化により各拠点の情報を短期間で正確に把握
  • 全拠点で同じ会計システムを利用することで人材の流動性も確保
  • 会計アウトソーシングのサービスを自社を介して評価。顧客に展開するための足がかりに
GLASIAOUSを選んだ理由

グローバル対応、クラウド対応、かつ海外進出している日系企業への会計処理のアウトソーシングサービスに利用できる点を評価してGLASIAOUSの採用を決定。会計情報の一元化を実現したことで、各拠点の情報を短期間で正確に把握できるようになり迅速な経営判断を可能にしている。

 

導入事例インタビュー

グローバル対応とクラウドが決め手に 日系企業向け会計アウトソーシングの基盤としても期待
代表取締役社長
岩永 智之 氏
各拠点で異なる会計システム グローバルでの統一が課題に
 2011年4月の設立以来、日本、ミャンマー、フィリピン、米国の拠点で、海外進出・運用支援サービス、バイリンガルITエンジニア派遣、ミャンマーオフショア開発を事業として展開するグローバルイノベーションコンサルティング株式会社(以下、GIC)。最大の特徴は、日本人、フィリピン人の社員がそれぞれ全体の5%ずつで、残りの90%がミャンマー人であることだ。女性の比率が約80%であることも特徴の1つである。

 代表取締役社長である岩永智之氏は、「海外に進出する日系企業へのコンサルティングが主な事業ですが、近年は日本企業の人材不足もあり、ミャンマー人の日本国内への人材派遣や有料職業紹介のニーズが増えています。2018年は、GICミャンマーで1,300名が試験を受けて350名が合格。ミャンマーの拠点で1年半~2年、無償で研修を受けて日本語検定2級を取得してもらい、日本企業に派遣する事業モデルを展開しています」と語る。

 他社との最大の違いは、GICの経理、総務、営業、マーケティングなどの人材もミャンマー人を採用していることだ。岩永氏は、「日本人の社員は少なく、総勢273名の社員が、日本、ミャンマー、フィリピン、米国の各拠点で事業を展開しています」と話す。

 GICでは、自社の会計業務においては、国によって言語や通貨、税制などの違いがあるために、各拠点がそれぞれに会計システムを導入して処理を行っていたという。そのため、日本からミャンマー、フィリピン、米国の会計情報を必要なときに把握するのが難しいことが課題であった。管理本部長である岡部清人氏は、「会計システムを拠点ごとに個別に導入していたので、必要な情報を集めようとするにも各拠点に個々に連絡する必要があり、少なからず手間になっていました。年次決算はデータを収集して確認しますが、月次決算は各拠点に任せていました。」と話す。この課題解決に向け、GICではグローバルに対応した会計システムの導入を決定することとなった。

管理本部長
岡部 清人 氏
自社だけでなく顧客向けのサービス基盤にも使える会計システムを導入
 GICでは、2017年9月に、新たな会計システムとしてGLASIAOUSを選定し、米国拠点の設立に合わせて、まずは同拠点に先行導入した。その後、操作性や機能などの検証を実施し、2018年4月から日本、ミャンマー、フィリピンの各拠点に導入した。GLASIAOUS採用の最大の決め手は、クラウドサービスであったことだ。各拠点にサーバーやネットワークを構築する必要もなく、運用管理も不要だ。ブラウザさえあればどの拠点からでも利用でき、導入から運用までのコストも低減できる。岩永氏は次のように語る。

 「いくつかの製品を比較検討しましたが、グローバル対応、クラウドの要件を満たし、かつ海外進出する日系企業のお客様に向けた会計処理アウトソーシングサービス用途に展開できるシステムはGLASIAOUSしかありませんでした。現在、5名の公認会計士がいるフィリピンの拠点では、すでに20社程度の日系企業に会計のアウトソーシングサービスを提供していますが、今後は新規のお客様からその業務にGLASIAOUSを使用する計画です。その後は、日本国内でも同様のサービスの展開を検討しています」

管理本部 営業管理
トゥエ トゥエ ライン 氏
各拠点の会計情報を統合的に把握 経営に必要な情報もすぐに準備可能に
 日本、ミャンマー、フィリピン、米国で会計システムを統一したGIC。岡部氏は、「まだすべての機能を使いきれていませんが、GLASIAOUSを導入したことで、会計情報を一元化することができ、各拠点の情報を短期間で正確に把握できるようになったので非常に便利になりました」と話す。

 またシステムの統一は拠点間で人材の流動性を高めることにも貢献している。岡部氏は「例えば日本で働いているミャンマー人が自国に帰国してもそこで同じ会計の仕事をすることができます」と話す。

 さらに、管理本部で経理を担当するジンニンプィン氏は「GLASIAOUSは、債権消込処理が非常に簡単です。以前は、約2日かかっていた作業が、GLASIAOUSであれば半日でできるようになりました」と話す。同じく管理本部にて営業管理を担当するトゥエトゥエライン氏は、「請求書の作成には、これまで2つのソフトウェアを使い分けていたのですが、GLASIAOUSを導入してから1つのソフトウェアで作業できるようになったのでワークフローが簡単になり、作業が楽になりました」と話す。

管理本 経理担当
ジン ニン プィン 氏
 もちろん、そのメリットは経理部門だけではない。岩永氏は、「GLASIAOUSの導入により、各拠点での月次決算が可能になり、数日程度で損益計算書や貸借対照表など、すべての会計資料がそろい、取締役会にも報告できるようになりました。これまでは、各拠点任せだった数字を統合的に見ることができるので、経営判断もしやすくなり、もし問題が発生しても迅速に対応することができます」と説明する。GICでは将来的には、株式上場も視野に入れ、それに向けた準備の一環としてもGLASIAOUSの存在に期待を示している。
クライアント情報
グローバルイノベーションコンサルティング株式会社
2011年創業で7年目。現在、従業員は200名強(日本120名/ミャンマー(Yangon/Mandalay)70名/フィリピン10名)です。海外進出支援(ASEAN)とミャンマー人バイリンガルITエンジニアの派遣(日本国内)とオフショア開発(日本/ミャンマー)が主業ですが、会計処理のBTOもミャンマーで3件、フィリピンで15件を行っています。中国・ASEANではフランチャイジーでのパートナーシップによる展開を進めており、中国(上海)/タイ/バングラデシュ/ネパールにビジネスパートナーが居ります。また、本年9/1にはUS Silicon Valleyに会社設立の予定があります(海外進出支援)。