MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > 海外サイトへの掲載手数料について
海外サイトへの掲載手数料について
コラム
2021.09.09
海外サイトへの掲載手数料について

 国外事業者に対して支払うインターネット広告の掲載料や予約サイトへの情報の掲載料などについて、処理方法に誤りがないか注意が必要です。

 

 インターネット等を介して行われる電子書籍の配信、広告掲載等の役務の提供(電気通信利用役務の提供)については、役務の提供を受ける者の住所等が国内にあるかどうかによって国内取引かどうかの判定をします。

 

 また、このうち、国外事業者が行うもので、役務の性質や取引条件等から役務の提供を受ける者が通常事業者に限られるようなもの(事業者向け電気通信利用役務の提供)については、特定課税仕入れとしてリバースチャージ方式により役務の提供を受けた事業者にて申告・納税をすることとなります。

 

 ただし、課税売上割合が95%以上の事業者については、当面の間、特定課税仕入れをなかったものとする経過措置が設けられています。
そのため、なかったものとして取り扱われるべき取引が、課税仕入れとして仕入税額控除の対象となってしまっているケースなども見受けられますので、再度取り扱いを確認をしたいところです。


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

東南アジア各国での課税強化
クロスボーダーM&Aの実務 (10)-株式価値算定に係る留意事項
ベトナムの新型コロナウィルス蔓延状況

月間アクセスランキング

1
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
2
【DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?
3
【DL資料有】機能をあきらめずにクラウド化 ~GLASIAOUS(グラシアス)でクラウド会計の「ちょっと足りない…」を解消~
4
【DL資料有】クラウド会計の「ちょっと足りない...」を解消!GLASIAOUS(グラシアス)で機能をあきらめずにクラウド化
5
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて