MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > 為替レート(TTB,TTS,TTM)について
為替レート(TTB,TTS,TTM)について
コラム
2021.07.08
為替レート(TTB,TTS,TTM)について

 海外の取引先と取引をする際、売却価格などの取引条件が外貨で表示されて
いるものを外貨建取引と言います。取引自体は外貨で契約されるのですが、
会社の帳簿は日本円で記帳をしているため、外貨を日本円に換算して記録を
しないといけません。
その際に為替レートを用いますが、為替レートには大きくわけてTTB,TTS,TTMの
3種類がございます。それぞれどのような意味で、どのレートを用いて換算を
すればよいのでしょうか。

 

 まず、各レートですが、TTBは銀行から見て外貨を買う(buy)ときのレート、
TTSは銀行から見て外貨を売る(sell)ときのレートとなります。
そして、これらの仲値(Middle)がTTMとなります。

 

 例えば、私が銀行で外貨を円に替えてもらう場合、銀行から見ると外貨を
買って円を売るという取引になりますのでTTBが適用されます。
一方で、私が銀行で円を外貨に替えてもらう場合、銀行から見ると円を買って
外貨を売るという取引になりますのでTTSが適用されます。
一般的にTTS>TTBとなり、この差額が銀行の手数料収入となります。
そして、これらの仲値をTTMといいます。

 

 また、外貨建取引は原則、取引発生日のTTMで換算を行いますが、継続適用を
前提に当月や前月のTTMの平均とすることもできます。
他にもTTMではなく、売掛債権については将来外貨を円にする必要があるため
TTBを、買掛債権であれば将来円を外貨に換える必要があるためTTSを用いること
も可能です。


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

「実現したいこと」から考える クラウド検討 7つのポイント
海外現地法人システム導入 3つのポイント
【Webセミナー開催レポート】「コロナは“危機”か、それとも“機会”か? ~海外ビジネスがアフターコロナを乗り切るために~」

月間アクセスランキング

1
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
2
【DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?
3
【DL資料有】クラウド会計の「ちょっと足りない...」を解消!GLASIAOUS(グラシアス)で機能をあきらめずにクラウド化
4
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて
5
クラウド会計を自社導入!GLASIAOUS QuickStart(グラシアス クイックスタート)で手軽にデジタル化(DX)を実現