MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > ベトナムのワクチン事情
ベトナムのワクチン事情
コラム
2021.05.20
ベトナムのワクチン事情

 日本での新型コロナワクチンの接種は2月から順次進んでおりますが、今回は
ベトナムのワクチン接種状況に関して説明いたします。

 

 ベトナムにおいては保健省から決定第210/QD-BYTによりワクチン接種計画を
発表しております。同決定によると、2022年中に、全人口の20%への接種を目指
すとし、最終的にはワクチンを全人口の80%に接種することを目標としており
ます。また、ワクチン接種に関しては優先順位の高い順から接種を開始する計画
としております。

 

 優先順位は医療従事者、隔離地域のスタッフなどの感染予防従事者、外交関係
者、税関職員、出入国管理官、軍関係者、公安職員、教員、65歳以上の高齢者の
順となっております。なお、在越外国人に対するワクチン接種に関して、具体的
な接種予定や見込みなどは出ておりません。

 

 また、交通運輸省のベトナム航空局は、以下の国際線定期便の運航再開計画を
提案しております。ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の導入とベトナム
国内の新型コロナウイルスワクチンの大量接種を想定し、

 

・9月からベトナムと一部の国々を結ぶ定期便を通常運航する。
・ワクチンパスポートを所持する入国者には、隔離を不要とする。

 

 ただし、政府が承認するか不透明な状況です。
ベトナムの新型コロナウィルス対応に関しての情報はベトナム保健省、あるいは
在越日本大使館の情報を確認することをお勧めいたします。

 

追記:
 5月5日(水)よりベトナムへの入国者や新型コロナ感染者と濃厚接触者の
隔離施設での隔離期間が14日から21日に延長される方針を保健省が決定しました。 
隔離期間を終了した後に新型コロナ感染が発覚する事例が出ておりそれに対応する
形となりました。
 ベトナムへの渡航を検討する際は最新の情報を収集するようご留意ください。


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

ベトナムのワクチン事情
租税条約届出の電子化
個人所得税の改正の影響

月間アクセスランキング

1
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
2
【DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?
3
コロナ禍の海外拠点向け内部監査はどう行う?解決法3つ
4
クラウド会計を自社導入!GLASIAOUS QuickStart(グラシアス クイックスタート)で手軽にデジタル化(DX)を実現
5
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて