MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > PEについて
PEについて
コラム
2021.05.06
PEについて

 PEとはPermanent Establishmentの略で直訳をすると恒久的施設となります。
「PEなければ課税なし!」と言われるほど海外での課税において大切な考え方です。

 

 恒久的施設とは広い意味で事業を行う場所を指し、支店や事務所などが該当します。
「PEなければ課税なし」の言葉の通り、原則、事業活動から生じた所得については
その国にPEがなければその国で課税がされないこととなっております。

 

 たとえば、日本の本社から海外の取引先に商品を販売するケースでも、海外支店(PE)
を通じて商品を販売しているのか、現地に支店(PE)を設けずに直接販売しているのか
によって前者では現地で課税され、後者では現地で課税がされません。
反対に、外国企業から日本に向けて商品を売る場合も、日本国内にPEを有しており、
そのPEを通じて商品の販売を行っているのであれば、日本で課税する必要があり、
国内にPEがないのであれば、その利益に対して国内で課税をする必要はありません。

 

 支店や事務所のほかにも一定期間以上現地で工事を行う場合や、販売契約などを締結
する権限を持つ代理人がいる場合などもPEに該当することがあります。

 

 また、現地にPEがない場合であっても利子や配当などの投資所得については、源泉地で
課税されることが一般的です。PEがない場合でも現地で課税されますのでご注意ください。


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

クロスボーダーM&Aの実務 (8)-損益計算書項目 (3)売上原価分析の留意点
クロスボーダーM&Aの実務 (7)-損益計算書項目(2)売上高分析の留意点
PEについて

月間アクセスランキング

1
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
2
【DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?
3
コロナ禍の海外拠点向け内部監査はどう行う?解決法3つ
4
クラウド会計を自社導入!GLASIAOUS QuickStart(グラシアス クイックスタート)で手軽にデジタル化(DX)を実現
5
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて