MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > 【入門編】経理・財務の違い ~それぞれの効果を最大化する方法とは?~
【入門編】経理・財務の違い ~それぞれの効果を最大化する方法とは?~
コラム
2021.01.29
【入門編】経理・財務の違い ~それぞれの効果を最大化する方法とは?~

当サイト読者には会計分野の方も多いかと存じます。

本稿では、改めて「経理」「財務」の違いを踏まえ、その効果を最大化する方法を検討しました。(GLASIAOUSチームにはビジネスエンジニアリングの経理部に所属していた者もおり、その経験からの所見も含みます。)

 

1 経理・財務の概要

経理とは

経理とは、会社のお金の流れを管理し、記録に残すことです。

経理業務を通じて作成される財務諸表は、財務会計に必須の書類です。経理には、簿記などの専門知識が求められます。

(経理の例)

  • 伝票作成
  • 請求/支払実行
  • 決算書作成

 

財務とは

財務とは、経理が作成した決算書等を参考に、資金計画を立てることです。経理が過去の取引をまとめるのに対し、財務は会社の将来的な資金計画をたて、それを実行することまでを含みます。

(財務の例)

  • 金融機関の融資・新規株式発行による資金調達
  • M&A・投資による資産運用
  • 予算管理

 

2 「経理」「財務」その違いは?

いろいろな考え方がありますが、経理部・財務部と部署が分かれている会社も多いと思います。部署のイメージから業務や求められる素養の違いを考えていきます。

 

・経理():過去実績のまとめ屋、基準が決まっている

一般にルーティン業務が多く、業務量も多いため人手がかかります。

正確なデータを入手するために様々な部署との調整が必要で、経理部長は社内の調整に長けた人が適任とよく言われます。

システムとの相性がよく、効率化が図れる分野です。

上場企業では開示期間も含め細かく基準が決まっており、逸脱すると社会的信用を失いかねません。リスク回避すべく、スケジュール通りに、正確に、慎重に業務を遂行することが求められます。

 

・財務():これからの会社を数値面でつくる、会社の成長こそが正解

財務は、経理がまとめた数値をもとに、今後会社が成長していくための投資判断を行い、その源泉になる資金調達を行います。内部調整が中心の経理に比べ、財務は外部折衝も多いです。

自社と社外環境の分析や未来予測の能力が求められ、最終的に必要なのは意思決定力とリーダーシップです。

業務は非定型的で、機密事項も多いことから少数精鋭です。経営者自らが行っていたものを、資金計画の複雑化により専門性のある者に委譲するという色が濃いため、上場企業でもCFO含めた数人で行う会社も珍しくありません。

財務に明確な正解はなく、経営ビジョンに寄り添い、経営判断をサポートするミッションを担います。

 

 

3 経理と財務の共通言語、会計

方向性や求められる能力は異なりますが、2つの業務の前提知識、共通言語が会計です。

一般に経理部で担う集計は「財務会計」で、上場会社ならば外部向けに公開する有価証券報告書がゴールです。金融商品取引法や会社法で基準が定められています。税務申告も財務会計数値をもとに行います。

 

他方、「管理会計」はごく基本的な基準はあるものの、会社ごとに適した管理方法で集計を行い、今後の業績改善につなげていくためのものです。あくまで内部的な数字で、各事業部が作成したものを経営企画部などで取りまとめることが多いです。

経営者と共に財務担当者にも共有され、次の意思決定の重要な情報になります。

 

なお、2種類の異なる会計帳簿を作成するのは大変な労力ですから、実務では財務会計と管理会計の数値をできる限り寄せている会社も多いです。

 

・経理()、財務会計:コンプライアンスを遵守し、社会的信頼を損なわないために、正確な処理を行い、スケジュールを守る。

・財務()、管理会計:経営者が迅速かつ適切な意思決定を行うために、スピーディーに、判断を誤らせない情報を集める。

 

いずれも会計の「正確性」「迅速性」が重要な要素です。

 

4 経理・財務の効果を最大化するためのシステム化

経理業界も深刻な人材不足です。少子化もあり、特に若い経理人材が不足しています。

他方でコロナ禍にあって働き方や業務フローは急速な改革を迫られています。

人的リソースが限られる中、経理・財務の効果を最大限に上げるためには何ができるでしょうか。

 

一つの選択肢は、経理業務のシステム活用です。量は多いが定型的な業務はシステムとの親和性が高いです。

また、経理では会計システム以外の販売システムや生産管理システムなどから情報を集めて数値に反映させる必要があります。ばらばらのシステムが使われ、連携がうまくいっていない場合は経理で手数をかけて集計していることも珍しくありません。手作業があればミスも起こりうります。

 

さらに、ペーパーレス化やテレワーク対応は、いわゆる事務職の中で経理業界が最も遅れていると言われています。電子帳簿保存法改正により要件が緩和され、今後は紙ではなくデータ保存が主流となっていくことでしょう。

 

・会計及び周辺領域のシステム化による、「正確性」「迅速性」アップ

・クラウドシステムによる、テレワーク化、ペーパーレス化への対応

 

これを実現できるシステムがGLASIAOUS(グラシアス)です。

会計領域に加え、販売/購買/在庫機能も具備したERPEnterprise Resource Planning)のパッケージです。統一したシステムを使うことで、ミスを減らし、迅速な処理が可能になります。

<参考>GLASIAOUS機能詳細

 

GLASIAOUSはクラウドのシステムなので、どこにいてもデータ入力や承認ができます。帳票の添付も可能です。

<参考事例>大塚製薬様-どこにいても承認、経理部員による最新情報の入手が容易に

<参考事例>ピーロート・ジャパン株式会社-ペーパーレス化や自宅勤務に対応

<関連記事>「実現したいこと」から考える クラウド検討 7つのポイント

 

システムそのものが思考・判断することは、現在の技術ではまだ難しいでしょう。
しかしシステムで定型的な経理業務を圧縮すれば、より高度な経理業務や非定型的な財務業務に集中したり、次世代の人材の育成に時間をつかったりすることができます。この意味で、システムの導入は将来的な会社の成長に寄与できると考えられます。

 

5 これからの経営には「GLASIAOUS(グラシアス)」を

クラウド国際会計&ERPサービス「GLASIAOUS(グラシアス)」は、25を超える国・地域で、850社超の企業で採用されているSaaS ERPと、経理・財務の専門家のアウトソーシング・コンサルティングサービスにより、正しい情報に基づくタイムリーな経営判断を支えます。

<関連記事> GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!

<関連記事> DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?

 

先が見通しにくい今だからこそ、事業を成長させるための経理・財務の実現に向け、ぜひご検討いただきたいサービスとなっております。

下記ないし画面右上のオレンジ色の「お問い合わせ」ボタンから、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

 


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

【Webセミナー開催レポート】「コロナは“危機”か、それとも“機会”か? ~海外ビジネスがアフターコロナを乗り切るために~」
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
【導入事例】4カ国の拠点の会計情報を 1つのシステムで見える化 /グローバルイノベーションコンサルティング㈱

月間アクセスランキング

1
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
2
【DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?
3
中国への渡航方法について
4
外貨預金と海外預金に関する確定申告
5
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて