MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > ベトナムにおけるグローバルサプライチェーン再編に向けて
ベトナムにおけるグローバルサプライチェーン再編に向けて
イベント情報 お役立ち資料
2020.10.28
ベトナムにおけるグローバルサプライチェーン再編に向けて

2020年は、COVID-19パンデミックによって私たちは、不断の危機管理体制の構築と維持が、いかにして企業の存続に影響するのかを目の当たりにしました。

昨今、グローバルビジネスでは、「サプライチェーンをどこで、どのように再編するのか」が、事業継続性を維持するための極めて重要な戦略として位置づけられています。

アジアにおいては、シンガポールを起点としてベトナムへの進出・投資・M&Aを検討している日系企業は特に多く、現在シンガポールを通じたベトナムへの投資・M&Aの相談が急増しています。
特に、シンガポール・ベトナム間の租税条約上、シンガポールを通じてベトナムに投資をすると有利な点が多く、また、紛争解決条項をシンガポールの仲裁に合意する事例も増加しています。

このたび、ASEANおよび南アジア各国での豊富な法律的知見を有し、日本企業のアジア進出を幅広く支援するONE ASIA LAWYERSと、アジア圏最大のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)プロバイダである、トライコー・グループは、今後予測不可能な危機的状況による影響を回避・適応するためのサプライチェーン戦略に焦点を当てたウェビナーを開催いたします。

第一部はONE ASIA LAWYERSより、現地弁護士がベトナム進出の際の基礎的な知識最新M&A状況をはじめ、投資法の改正状況シンガポールの統括会社・中間持株会社を用いてベトナムに投資を行う意義などの最新状況について、解説いたします。

第二部はトライコー・グループより、日系企業を含めた多くの外国企業が、ベトナム進出時に求められる会社設立時の注意点税制計画について、コンプライアンスの観点から解説いたします。

ベトナでのサプライチェーン再編に関する最新情報が入手できる、当ウェビナーに是非ご参加ください。


開催概要
日 時:2020年11月11日(水)16:00~18:00(日本時間)
■対象者:本イベントは以下の方を対象とさせていただきます。
    ・ベトナムへのサプライチェーン移管を検討している企業
    ・ベトナムでのM&Aを検討している企業
    ・シンガポールに地域統括拠点を擁し、ベトナムへの進出を検討している企業
    ・アジアに進出済みの日系企業で最新情報の収集を希望される方
■参加費:無料
■言語:日本語・英語
■参加方法:zoom Webinarへの参加方法およびURLは、お申込み時に皆さまが登録されたメールアドレスに11/9(月)までにお送りいたします。


セミナープログラム(日本時間)
16:00~16:05
オープニング

第一部
16:05~16:50:日本語
ベトナム進出のポイント
 ・ベトナム進出の基礎知識
 ・ベトナムでのM&Aにおける留意事項
 ・シンガポール統括会社を通じた出資のメリット
<登壇者>
 ONE ASIA LAWYERS 松谷 亮(日本法弁護士)

第二部
16:50~17:30:英語
Relocating manufacturing supply chain to Vietnam
 ~会社設立、税制計画の観点から~
 ※通訳はございませんが、英語のプレゼンテーション時には日本語のスライドが投影されます
<登壇者>
 Tricor Vietnam, Nguyen Le Anh Binh (Associate Director, Business Development)
17:30~17:45:日本語
アジア法人運営に求められる「業務の質」
~調査が示す日系企業アジア現地法人運営の実態~
<登壇者>
 トライコー・ジャパン 山内 奨(アウトバウンド事業部 ディレクター)

17:45~18:00
 質疑応答

18:00
 閉会
※プログラムの内容は事前の予告なく変更する可能性があります。
※1社から複数名のお申込みがあった場合、2名様までの参加とさせていただく場合があります。ご了承ください。
※当セミナーは同業他社、個人の方のご参加はお断りしております。予めご了承ください。
※企業より参加の方は、個人メールアドレスからのお申込みはご遠慮ください。(会社のメールアドレスよりお申込みください。)


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

TCFウェビナーレポート「現地駐在員が贈る!コロナ禍でのフィリピン最新動向と今後の経営セミナー」
中国への渡航について
EU・ベトナム自由貿易協定の発効ついて

月間アクセスランキング

1
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて
2
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
3
タイ【個人所得税確定申告に関して】
4
テクノロジーとビジネストランスフォーメーション - 第2号
5
海外現地法人システム導入 3つのポイント