MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > 令和元年台風19号による被害と水害への備えについて
令和元年台風19号による被害と水害への備えについて
コラム
2019.11.06
令和元年台風19号による被害と水害への備えについて

令和元年台風 19号 が、2019年 10月12日夜に伊豆半島に上陸し ました。

その後、この台風は関東地域を北東方向に縦断し福島県沿岸にて太平洋に抜けて、三陸沿岸で熱帯低気圧に 変わりました。

関東、中部、東北地方などでは記録的な大雨が発生し、河川堤防の決壊による大規模浸水や、土砂災害 、台風の強風による 風害など、様々な被害が発生しました。

本報では、台風19号の被害の全体像についてまとめ 、企業の水害への備えについて提言します。

https://www.tokiorisk.co.jp/publication/report/riskmanagement/pdf/pdf-riskmanagement-225.pdf


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

ベトナムにおける贈収賄規制ついて
新型コロナウィルスに関する経済対策
新型コロナウイルス感染症の影響

月間アクセスランキング

1
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて
2
テレワーク応援キャンペーン!クラウド会計サービスGLASIAOUSを3か月無料で提供!!
3
テクノロジーとビジネストランスフォーメーション - 第2号
4
タイ【個人所得税確定申告に関して】
5
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!