MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > 質の高い健康経営に向けて
質の高い健康経営に向けて
コラム
2019.06.28
質の高い健康経営に向けて

従業員の健康保持・増進の取り組みを経営的視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」の社会的認知が進んでいます。

経済産業省が設計・推進する「健康経営優良法人認定制度」の大規模法人部門(ホワイト 500)は、 当初、2020 年までに 500 社の認定を目標としていたが、2019 年には大幅に目標を突破する 800 社以 上が認定されることとなりました。また、「健康経営優良法人認定制度」の申請に必要な「健康経営度調査」 の回答数も、第 1 回調査(2014 年)の 493 社から第 5 回調査(2018 年)の 1800 社に大幅に増えて います。

いまだに業種によるバラツキはありますが、全体としては制度発足から数年で企業の関心が急速に高まり、普及・定着が進んでいるといえます。

本稿では、社会的意義も大きい健康経営の本質に迫り、その取り組み方について解説致します。

詳しくは、以下の東京海上日動リスクコンサルティングの以下のPDFにてご確認ください。

http://www.tokiorisk.co.jp/publication/report/riskmanagement/pdf/pdf-riskmanagement-220.pdf


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

「​ベトナムの日系企業が順守すべき年次コンプライアンス特集(法務・労務編)​」​
【インドネシア】2021年度の最低賃金決定!!
動画配信「新型コロナウイルスと労務問題」

月間アクセスランキング

1
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
2
【DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?
3
クラウド会計を自社導入!GLASIAOUS QuickStart(グラシアス クイックスタート)で手軽にデジタル化(DX)を実現
4
コロナ禍の海外拠点向け内部監査はどう行う?解決法3つ
5
【終了しました】【先着50社】クラウド会計サービス GLASIAOUS(グラシアス)をクイック導入&6か月間半額で利用【キャンペーン】