MENUCLOSE
資料請求お問い合わせ
TOPICS

トピックス

Home > トピックス > 東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会で想定される交通マネジメントと企業に求められる対応
東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会で想定される交通マネジメントと企業に求められる対応
コラム ニュース
2018.11.10
東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会で想定される交通マネジメントと企業に求められる対応

東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京 2020 大会」)では国内外 から多くの人々が東京都内を中心とする競技会場を訪れ、交通・輸送・物流に遅延や混乱が生じるこ とが懸念されています。

東京都および東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京 2020 組織委員会)はこれら交通混雑・混乱への対応として、「交通需要マネジメント(Travel Demand Management: TDM)」「交通システムマネジメント(Traffic System Management: TSM)」「公共 交通輸送マネジメント」から構成される交通マネジメントを検討しており、東京都内等に事業拠点を 持つ企業にも、大会期間前後の交通混雑緩和への協力・取組が期待されております。

本稿は東京 2020 大 会における交通マネジメントの概要、企業に求められる対応を紹介させて頂きます。

詳しくは、以下のURLからご確認頂ければ幸甚でございます。

http://www.tokiorisk.co.jp/publication/report/riskmanagement/pdf/a40fea9f6a9ff8416ac1e14dee2227f3a57099e6.pdf

 


役立つ情報をお送りします

関連コンテンツ

トライコー・ジャパンがコンソーシアムに加盟しました
サイバーBCP策定と危機管理演習のすすめ
リスクマネジメント最前線 企業に求められる人権リスク対策

月間アクセスランキング

1
GLASIAOUS(グラシアス)で、経理部門のテレワークを短期間で実現!
2
【DL資料あり】新型コロナが海外ビジネスにもたらす課題2つ・その解決策とは?
3
【DL資料有】クラウド会計の「ちょっと足りない...」を解消!GLASIAOUS(グラシアス)で機能をあきらめずにクラウド化
4
フィリピンの外国投資誘致政策-PEZAについて
5
クラウド会計を自社導入!GLASIAOUS QuickStart(グラシアス クイックスタート)で手軽にデジタル化(DX)を実現