ロゴ - GLASIAOUS

トピック

リスクマネジメント最前線 企業に求められる人権リスク対策

2019.03.21
東京海上日動火災保険株式会社

日本では昨年、スポーツ界のパワー・ハラスメントや、官公庁や自治体におけるセクシャル・ハラスメントに関するニュースが度々報じられました。

世界人権宣言1の第一条には「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。」と明記されており、人間の尊厳を傷つけるパワー・ハラスメントやセクシャル・ハラスメント等のハラスメント行為は人権侵害に他なりません。

一方、世界に目を向けると、企業に対してサプライチェーンを含めた幅広い範囲で人権課題に取り組むことを求める機運が高まっております。

そこで本稿では、企業にとっての人権リスク、企業と人権をめぐる国内外の動向や、企業に求められる人権尊重のための取組について解説致します。

詳しくは、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社の以下のPDFにてご確認ください。

http://www.tokiorisk.co.jp/publication/report/riskmanagement/pdf/25c372d74a6862f011854a15b0973cf8047a864e.pdf

本記事の執筆者
松宮 高広

東京海上日動火災保険株式会社 関東業務支援部(東京開発チーム)担当課長

東京海上日動火災保険株式会社の他記事

PAGE TOP