ロゴ - GLASIAOUS

トピック

東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会で想定される交通マネジメントと企業に求められる対応

2018.11.10
東京海上日動火災保険株式会社

東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京 2020 大会」)では国内外 から多くの人々が東京都内を中心とする競技会場を訪れ、交通・輸送・物流に遅延や混乱が生じるこ とが懸念されています。

東京都および東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京 2020 組織委員会)はこれら交通混雑・混乱への対応として、「交通需要マネジメント(Travel Demand Management: TDM)」「交通システムマネジメント(Traffic System Management: TSM)」「公共 交通輸送マネジメント」から構成される交通マネジメントを検討しており、東京都内等に事業拠点を 持つ企業にも、大会期間前後の交通混雑緩和への協力・取組が期待されております。

本稿は東京 2020 大 会における交通マネジメントの概要、企業に求められる対応を紹介させて頂きます。

詳しくは、以下のURLからご確認頂ければ幸甚でございます。

http://www.tokiorisk.co.jp/publication/report/riskmanagement/pdf/a40fea9f6a9ff8416ac1e14dee2227f3a57099e6.pdf

 

本記事の執筆者
松宮 高広

東京海上日動火災保険株式会社 関東業務支援部(東京開発チーム)担当課長

東京海上日動火災保険株式会社の他記事

PAGE TOP