ロゴ - GLASIAOUS

GLASIAOUSアプリケーション詳細

アプリケーションの特長

  • 多言語対応

    画面項目、マスターデータ名称の多言語切り替えはもちろん、それぞれの言語でレポートの出力もできます。

  • 多基準対応

    国ごとに異なる会計基準で会計データの参照、出力ができます。

  • データ参照、出力

    項目の表示、非表示や並び順は、画面上で自由に設定できます。また参照だけでなくExcel、PDF、csvで出力することができます。

  • 柔軟な業務分担

    伝票登録までを会計事務所側で行い、お客様側で承認するといった業務分担ができます。

記帳代行時に頻発する
企業と会計事務所間での作業の重複を解決

インボイス作成と債権管理の業務分担

本機能を使えば、どこにいても請求書を作成・管理することができ業務効率UPやコスト削減効果が期待できます。 また、顧問先企業と会計事務所がクラウドを利用して業務分担を行うことも可能です。 売上入力されたデータは仕訳(債権)データへ自動連携もでき、売掛金管理や仕訳入力効率化ができます。

仕訳入力の業務分担

顧客に直接仕訳データを入力頂くことで、内製化を進めていくことが可能です。 顧客に現金出納帳、預金出納帳、売掛・買掛台帳等を成型・入力頂くことで、会計事務所とのやり取りを効率化することができます。 顧客と会計事務所とのやり取りにおける手戻りを最小化し、早期にレビューを受けることで決算の早期化効果が期待できます。

本社による海外子会社の情報可視化を支援

リアルタイムにデータを共有

GLASIAOUSを利用することで、現地法人の実績を日本本社からリアルタイムに参照可能です。
また多言語対応により、現地の会計事務所と日本のお客様間でも適切な言語でデータを確認・共有できます。

会計基準の変換により決算を効率化

国毎に異なる会計基準に対応した形で参照、出力できます。 たとえば、現地で入力したデータを日本基準で出力することなどが可能です。 これによりグループ決算の効率化、迅速化に貢献いたします。

現地キャッシュ状況をリアルタイムに把握

海外の状況を視覚的にモニタリングできるダッシュボードを搭載。 現地法人管理において重要となるキャッシュの状況をリアルタイムに把握し、問題があれば迅速に対応することが可能です。

機械翻訳による現地確認の効率化

明細摘要までも翻訳(機械翻訳)できるため、システム上で仕訳の詳細確認までを行うことが可能で、現地への確認作業の手間が削減できます。

PAGE TOP